全国エコメッセージ絵画コンクール2019 Baobab tree

2019年度 応募要項(個人用)

名 称

SGホールディングス/佐川急便 
全国エコメッセージ絵画コンクール 2019

募集テーマ

『つながる世界 “とどける” おもい
 ~未来へのおもいを絵にしよう~』

対象者

小学校4~6年生(推奨) 小学校1~3年生もご応募可能です。

作品応募期間

2019年7月1日(月)~2019年9月30日(月)必着

応募規定

  • サイズ:四つ切り画用紙(392mm×542mm)
  • 向き:横使い(横方向)
  • 画材:クレヨン、色鉛筆、水彩、油彩など。(※デジタル作品、紙や布を貼り付けたコラージュ作品は対象外。)
  • 本人が制作したもので、未発表のもの1点に限る。他のコンクールに応募済みの作品は対象外。
  • 特定の個人名、団体名、企業名、商品名を入れたものは対象外。
  • 標語・スローガン・メッセージなどの文字が入ったものは対象外。

各賞・賞品 詳細は「各賞・賞品の紹介」ページへ

  • 環境大臣賞2名 ★賞状、佐川急便トラックラッピング権、図書カード(10,000円分)
  • SGホールディングス賞2名 ★賞状、図書カード(5,000円分)
  • 優秀賞58名 ★賞状、図書カード(2,000円分)
  • 受賞作品62点はオリジナル『エコ日めくりカレンダー』に掲載し、上記の受賞者にお届けます。
  • 参加校 ★応募者全員に『さがわの森』の間伐材を使った鉛筆をお届けします。

注意事項

  • 応募対象者は国内在住の小学生および特別支援学校の児童に限ります。
  • 共同制作作品は応募できません。
  • 応募規定外の作品は審査対象外となります。
  • 事前学習(映像教材およびワークシート)に取り組んだうえ、『エコメッセージシート』に記入し、作品の裏面に必ず貼付してください。
    詳細は「応募の流れ」をご確認ください。
  • 応募作品の著作権・所有権は主催者に帰属し、応募作品は返却いたしません。
  • 主催者は受賞作品を本コンクールの宣伝・広報のため新聞、雑誌、webサイト、トラックなどへの掲載、ならびに教材化に際して二次利用ができるものとします。その際は、学校名や受賞された児童のお名前、学校所在地の都道府県、学年に限り、記載する場合がございます。

作品送付・お問い合わせ先

作品送付および
お問い合わせ先

〒135-0015 東京都江東区千石1-9-22
SGホールディングス/佐川急便
「全国エコメッセージ絵画コンクール事務局」宛
電話番号:03-6870-6700
【受付時間】9:00~17:30 <土・日・祝日を除く>
【お問い合わせ期間】2019年11月29日(金)まで

応募の流れ

ステップ❶
事前学習

映像教材『世界を旅する葉っぱ』を視聴します。

『ワークシート:未来へのエコメッセージ 考えるシート』に取り組みます。

環境にやさしい、よりよい未来とはどんな未来だろう?それを考えるために、今、世界で起こっている環境問題について知り、よりよい未来に向けてのメッセージを考えましょう。

ステップ❷
絵画制作
(児童)

伝えたいメッセージを表現する作品を制作します。

作品の規定については、こちらを確認してください。

応募者(児童)は『エコメッセージシート』にメッセージを記入し、作品の裏面に貼付します。

ステップ❸
作品発送
(保護者)
※9月30日まで

保護者が『個人応募用紙』に応募者(児童)氏名、住所、連絡先、学校名などを漏れなく記載します。

『個人応募用紙』を同梱し、作品を発送します。

送料は元払いにてお願いいたします。着払いで送付された場合、受付ができない可能性があります。

作品が付着しないよう、紙などで保護したうえ、折れ曲がらないように梱包してください。

受賞作品発表

2019年11月上旬頃に、受賞者にご連絡いたします。
本webサイトでも発表いたします。
※表彰式はありません。

賞品のお届け

2019年11月下旬頃に、受賞された児童には賞状、賞品をお送りいたします。
応募者全員には『さがわの森』の間伐材を使ったエコ鉛筆をお届けいたします。

応募書類ダウンロード

どんな絵をかいたらいいの?「SDGs」について学んでみよう!

世界がいつまでもつづくように、わたしたちには何ができるでしょうか?
地球を守るために、世界中の人たちで考えた目標があります。
「SDGs(持続可能な開発目標)」を学んで、わたしたちにできることを考えてみましょう。

「SDGs(持続可能な開発目標)」って、なに?

わたしたちが住んでいる世界は、今もさまざまな問題をかかえています。たとえば、地球の気温がだんだんと上がっていたり、海がよごれてしまったり、森や木がへったりしています。
そんな問題をかいけつするために、世界中の国が参加する国際連合(国連)という集まりで決められた、世界中みんなの共通目標が「SDGs(持続可能な開発目標)」です。

“持続可能な開発”とは、未来のための「かんきょう」や「しげん」をこわさずに、今の生活をよりよくしていくことです。「SDGs」では、“だれひとり取りのこさない”世界をめざしていて、じつげんするには、わたしたちひとりひとりの力が必要です。

「SDGs」には、“17の目標”があります(下の図を見てみてね)。2030年までに、世界中のみんなが協力して目標を達成することが大切です。

  • 貧困をなくそう
  • 飢餓をゼロに
  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 人や国の不平等をなくそう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう
  • 平和と公正をすべての人に
  • パートナーシップで目標を達成しよう
  • 2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」です