どんな絵をかいたらいいの?
「SDGs」について学んでみよう!

SGホールディングスグループの主なお仕事は、物流(ものをはこぶこと)ですが、
同時にかんきょう問題についてもしんけんに考えて活動をしています。その活動の1つが「全国エコ絵画コンクール」です。
未来の地球を守っていくために必要なことを考えて絵を描いてください。

テーマ

いつまでもつづく、せかいのじつげんをめざして

世界がいつまでもつづくように、わたしたちには何ができるでしょうか?
地球を守るために、世界中の人たちで考えた目標があります。
「SDGs(持続可能な開発目標)」を学んで、わたしたちにできることを考えてみましょう。

「SDGs(持続可能な開発目標)」って、なに?

わたしたちが住んでいる世界は、今もさまざまな問題をかかえています。たとえば、地球の気温がだんだんと上がっていたり、海がよごれてしまったり、森や木がへったりしています。
そんな問題をかいけつするために、世界中の国が参加する国際連合(国連)という集まりで決められた、世界中みんなの共通目標が「SDGs(持続可能な開発目標)」です。

“持続可能な開発”とは、未来のための「かんきょう」や「しげん」をこわさずに、今の生活をよりよくしていくことです。
「SDGs」では、“だれひとり取りのこさない”世界をめざしていて、じつげんするには、わたしたちひとりひとりの力が必要です。

「SDGs」には、“17の目標”があります(右の図下の図を見てみてね)。2030年までに、世界中のみんなが協力して目標を達成することが大切です。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS 世界を変えるための17の目標

  • 貧困をなくそう
  • 飢餓をゼロに
  • すべての人に健康と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 人や国の不平等をなくそう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう
  • 平和と公正をすべての人に
  • パートナーシップで目標を達成しよう
  • 2030年に向けて世界が合意した「持続可能な開発目標」です

ちょっと
むずかしい…

たしかにむずかしそうなテーマだけど、じつは身のまわりのいろいろなことが
「SDGs」の目標につながっているんだ!

家や学校など、毎日の生活の中で「おかしいな?」「もっとよくできるはず!」と感じたことを行動にすることが大切で、「SDGs」の目標クリアにつながっているよ!

たとえば…

気候変動に具体的な対策を
●電気をむだにつかわない。
●車をつかわない。
●レジのふくろをもらわない。
陸の豊かさも守ろう
●植物をそだててみる。
●再生紙で作られたノートや、
 間伐材で作られたわりばしを使う。

どんな絵を描くかまよったときは、
「SDGs」の中から特にかんきょうとのつながりが強い5つの目標を参考に絵を描いてみましょう。

  • 「きれいな水を
    よごさないために」
  • 「モノやしげんを
    大切に」
  • 「おんだんかを
    止めるために」
  • たくさんの生きものがくらす
    うつくしい海
  • 「ゆたかな森林を
    いつまでも」

SDGsについての参考資料

お子さんはこちら

『私たちが目指す世界 子どものための「持続可能な開発目標」』
日本語版発行:公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

小学校・絵画教室の先生方はこちら

『「持続可能な開発目標」を伝える先生のためのガイド』※
発行:公益財団法人日本ユニセフ協会
※日本ユニセフ協会ホームページ「学校のための持続可能な開発目標ガイド」
中段よりPDFでダウンロードできます。

ページTOP